艶のある音が魅力的な ASCENT 20LE

ASCENT20-LE

QUADRAL 素直な低音と自然な高域再生 スピーカー ASCENT20LE

(ASCENT20-LE)
在庫状態 : 入荷待ち
¥138,000(税別)
近日入荷予定

quadral/クアドラル スピーカー ASCENT20LEはすばらしい音楽再生とコンパクトな筐体の見事なバランスで表現されています。
全ての音域を通し、豊かな音楽性・透明性・歪みのないダイナミックな音色はクラシック、ロック等の音楽ジャンルを選びません。
ブックシェルフ方のスピーカーとして、素直な低音と自然な高域再生で、音楽を聴くあなたに感銘を与えることでしょう。
ASCENTという言葉には、「上昇する」という意味のほかに「理解させる」という別の意味も含まれています。

ASCENT20LEは、リスニングルームを広大無辺な空間に変えます。
ドイツの名門オーディオメーカー”クアドラル”が送り出すASCENT20LEは小型ブックシェルフながら、40Hz-46KHzに及ぶ驚異的な周波数特性、考え抜かれたエンクロージャーの材質など、ハイレゾやSACDなどのハイスペックなクオリティを、あるがままに再現します。
さらに、点音源に近い小型スピーカーの特性から、メディアに込められた音場感が豊かで、その自然な再生音は、ASCENT20LEの大きさや価格からは想像できないほど、音楽に対する理解を深めてくれることでしょう。

クラシックからジャズ、ポップスまで、これぞ小型ブックシェルフのスタンダード!ともいえる音を奏でます。
聞き疲れが全くなく、小型ながら周波数特性にも優れているという、ある意味、驚異的な性能を持っています。

ASCENT 20LE特長

 

どこまでも伸びきった高域と広大な空間再現性を実現

独自の内部ダンパーをもつアルミニウムトゥイーターは・46KHzに及ぶ高音域精密に再生すべく特大のコラゲーション型を採用。
高域音波を調整するデフューザーとして働くフェーズプラグにより、広がりのあるクリアな高音を再生。
asent_parts1

過渡応答に優れたウーファー、自然な低域再生を実現

ハイパルス信号を忠実に再現するために特別に強力なマグネットを採用したダイアフラムを持つウーファーは、ライブサウンドのような素直な低音を再生。
ウーファーのダイアグラムは、共振が少なく細部に渡わたる精密な音の再生音を実現するチタンコートを施したポリプロピレンベースの複合素材を採用。
asent_parts2

音響特性に優れた筐体構造と質感の高い外観

定在波と不要振動の抑制を図ったエンクロージャー構造。
高級感あるマットブラックのフロントパネル。
ゴールドコンタクトターミナル。
asent_parts3

ASCENT20 スペック

型式: 2ウェイ
基本デザイン: バスレフ型ブックシェルフ
入力: 定格60W/最大90W
周波数特性(Hz): 40〜46,000Hz
クロスオーバー周波数(Hz): 2.700Hz
能率(dB/1W/1m): 86dB
インピーダンス(Ω): 4〜8Ω
トゥイーター: Tweeter φ25mmAluドーム型
ウーハー: φ135mm Titanium-PP
サイズ: H30.9cm×W17.7cm×D27.0cm
重量(Kg)1台: 5.15kg
ターミナル: ゴールドコンタクト シングル・ターミナル
価格: ペア 138,000円(税別)
仕上げ: マットブラック

【オーディオ雑誌の評価】
「艶のあるサックスの音が魅力的」
「オーケストラは、量感のある中低域とシャキッとした高音域でバランスが取れている」
「小音量でも音の印象に変化はありませんでした」
「異なる色彩が見事に溶け合う」
「ヴァイオリンはねっとり感と陰鬱の濃さが絶妙」
「すべての音が調和し、聞き手に迫る」
「強烈ベースは、スケールの大きさで突出」
「クラシックは当たりが柔らかで、オケのスケール感、ホールの音場感を巧みに伝えてくる。」
「長時間の試聴にも疲れの少なそうな方向の表現。」
「ジャズはピアノが心地よく響き、ウッドベースはしっかりと楽器の大きさを表現する。」
「ボップスは声の緊張感が緩み、歌い手がリラックスしてマイクへ向かうさまが見える。」
「大変なハイコストパフォーマンス機といってよい。」

雑誌掲載

Audio Accessory 162号

SOUNDMAGIC_SpeakerStand

NWJ QUADRAL試聴記、ブログはこちらから
NWJ_blog