実験試聴会のお話

昨日からSOUNDMAGICオーディオラックの支柱がいっぱいダンボールに詰め込まれてる
覗いてみると、になにやら『粘土』らしきものが詰まってて手に持ってみるとずっしり重たい。

支柱がいっぱい

ちょっと巻き寿司っぽい

 

 

 

 

 

 

どうやら、今週末(2/24)東京のSOUNDMAGICお取扱い店舗、オーディオユニオンお茶の水アクセサリー館
QUADRALのブックシェルフスピーカーAURAM GALAN9を使って、オーディオラックの支柱に充填材を充填して音の違いを聴き比べると言うおもしろそうな実験試聴会があるみたいです。

粘土は充填材を入れた蓋の役目でした。

充填材はPZ1 プレミアム・ジルコンサンド(税別 829円/1kg)、SC1 サウンドキャビア(税別 1,500円/1kg)、 BZ1 ブラックゴールドサンド(税別 829円/1kg)を使っての聴き比べ
他にPC03Bをスピーカースタンドとして実験やトッププレート・スタビライザー STB-1を使用してスピーカーのインシュレーターとして使用と贅沢な実験らしいです。

PZ1 プレミアム・ジルコンサンド

SC1 サウンドキャビア

BZ1 ブラックゴールドサンド

QUADRAL AURAM GALAN9

PC AUDIO RACK PC03BB

トッププレート・スタビライザー STB-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、素人なりにも興味がある実験試聴会です。
是非、実験試聴会を行うNKOさんとKTOさんには白衣を着て実験して欲しい・・・

コメントを残す